鍼灸治療

鍼灸師として働くなら専門学校での学びはかなり重要になる

専門学校に行けば鍼灸師として経験が積める

鍼灸は、東洋医学に分類される治療法の1つです。その治療内容は、主に関節痛やその他病気を治すために、鍼やお灸で全身にあるツボを刺激して、自然治癒力などを高め治療していきます。最近では、鍼灸を受けると美容効果も期待できることから、利用者が増加傾向にあるようです。針灸を受けるなら、一般的に鍼灸院や接骨院ですが、病院や福祉施設などでも行っているところがあるようです。
そんな人気が高い針灸は、求人も多く売り手市場になっています。また一般に施術する以外にスポーツトレーナーとしての道があるので、若手を中心に人気があるようです。針灸は、鍼灸師という国家資格を有していなければ行うことができません。
国家資格を取得するためには、国家試験に合格しなければならず、その国家試験を受けるには、受験資格が必要になります。受験資格を取得するには、鍼灸専門学校や大学で鍼灸について学び、卒業する必要があります。専門学校に入学した場合、最低3年間は鍼灸について修学します。
そして国家試験は、筆記試験だけになり合格率は75%と高く、3年間しっかりと専門学校で学べば合格は間違いありません。鍼灸師の業界は、経験重視の業界です。鍼灸師を目指しているなら、認定された鍼灸専門学校などに入学し、基礎からしっかりと学びましょう。

article

update information

このページのトップへ