鍼灸治療

鍼灸師として働くなら専門学校での学びはかなり重要になる

専門学校は鍼灸師を目指すための最短コース

西洋医学とは違ったアプローチで身体の不調や痛みなどの症状を改善できることから、東洋医学の鍼灸治療が見直されています。鍼灸師は鍼灸院や整骨院だけでなく、リハビリテーションの現場やスポーツトレーナーなどさまざまな場面で活躍中です
。一般に鍼灸師として総称される職業は誰でもなれるわけではなく、「はり師」と「きゅう師」の国家資格を持つ人だけに業務独占と名称独占が認められています。したがって鍼灸師になるためには、はり師・きゅう師両方の国家試験に合格して資格を取得しなければなりません。
はり師・きゅう師ともに国が指定する養成校を卒業することによって国家試験への受験資格が得られます。はり師・きゅう師の国家試験受験資格が得られる養成校は、養成課程が3年の専門学校と4年の大学という2種類です。4年制の大学だと鍼灸師を目指すための専門教育だけでなく教養課程の授業も受ける必要があるため、国家資格を取得する目的には遠回りになる上に学費も余計にかかります。
鍼灸師になるための専門教育に特化している専門学校であれば、国家資格を取得するために必要な授業を3年間で効率的に受けることができます。最短コースではり師・きゅう師国家試験の受験資格を得られる鍼灸専門学校は、年齢に関係なく鍼灸師を目指せるという点も大きなメリットです。

article

update information

このページのトップへ